最初の手続とは

最初の手続についてご説明いたします。
相続とは、被相続人が死亡したときから開始されます。

この場合、相続人は相続が確定したのではなく、財産を受け継ぐ権利が発生したということになります。

相続が発生したら、まず最初におこなう手続は、死亡届の提出です。
死亡後7日以内に医師の死亡診断書を添付して、該当する市区町村の長に提出します。

相続が始まるち、さまざまな行政上の手続きが必要になります。
まずは相続人調査と財産調査を行い、相続方法を決定する必要があります。
相続人調査と相続財産調査の詳細はこちら

船橋千葉相続手続きサポートオフィス運営CTC行政書士法人 相続手続きの無料相談実施中、今すぐお電話ください! TEL 0120-56-4104
Top