預貯金の名義変更について

 

預貯金の名義変更の手続きは、被相続人名義の口座のある銀行の支店で行います。
預貯金の場合、実際には「名義変更」ではなく、被相続人名義の口座を「解約」し、残高を相続人の口座へ振込む形をとることがほとんどです。

 

銀行によって手続先や必要書類が大きく異なりますので、事前に口座のある支店に電話をして確認すると良いでしょう。

 

 

預貯金の名義変更の手続先

預貯金の名義変更や解約の手続きをするためには、原則として口座のある支店へ出向く必要がありますが、銀行によっては以下の対応が可能な場合があります。

 

手続先の例

1)【原則】被相続人の預金口座のある銀行の支店へ直接出向く

2)相続人の住まいや職場の近くの支店でも対応してくれる

3)郵送のやりとりのみで対応してくれる

なお最近は各支店では受付のみ行い、実際の処理は“相続手続センター”で集中して行うという銀行が増えています。
 

預貯金の名義変更の必要書類

 
預貯金の名義変更や解約の手続きをするためには、様々な書類を用意する必要がありますが、相続の決定方法によって大きく異なります。
 

遺産分割協議による相続の場合の例

 
・銀行指定の手続き用紙(解約申込書) ※相続人全員の署名捺印

・預金通帳とキャッシュカード ※残っている場合のみ

・預金者(被相続人)の出生から死亡までの戸籍・除籍・改製原戸籍

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・遺産分割協議書 ※不要な場合あり

 

遺言書がある場合の例

 
・銀行指定の手続き用紙(解約申込書) ※相続人や執行者の署名捺印のみで足りることが多い

・預金通帳とキャッシュカード ※残っている場合のみ

・預金者(被相続人)の除籍謄本

・執行者と口座を相続する相続人または受遺者の印鑑証明書

・遺言書(自筆の場合は検認済みのもの)

 

調停や審判がある場合の例

 
・銀行指定の手続き用紙(解約申込書) ※相続人の署名捺印のみで足りることが多い

・預金通帳とキャッシュカード ※残っている場合のみ

・預金者(被相続人)の除籍謄本

・口座を相続する相続人の印鑑証明書

・調停調書または審判書

 

書類名 相続の決定方法のケース
遺産分割協議 遺言 調停・審判
銀行指定の手続き用紙 ○(相続人全員で署名捺印) ○(執行者や口座取得者の署名捺印だけで良い場合が多い)
通帳とキャッシュカード

△(紛失した場合は不要)

被相続人の戸籍・除籍・原戸籍
出生から死亡までのもの

○(除籍謄本だけで良い場合あり)

相続人の戸籍

○(相続人全員分)

○(執行者や口座取得者のものだけで良い場合が多い)

相続人の印鑑証明書

○(相続人全員分)

○(執行者や口座取得者のものだけで良い場合が多い)

遺産分割協議書

△(不要な場合が多い)

遺言書 ○(自筆の場合は検認)
調停調書又は審判書

 

 

 

 

 

 

船橋千葉相続手続きサポートオフィス運営CTC行政書士法人 相続手続きの無料相談実施中、今すぐお電話ください! TEL 0120-56-4104
Top